読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いるねすのブログ

働きたくない系SEが無駄に遊んだ記録

タミヤ BT-42 をつくる その1

ひさしぶりの更新。この季節は湿気がつよくて塗装って感じじゃないね。 それと家の裏にあったアパートが取り壊され一軒家が建つという激しいイベントがあってしばらくはベランダが粉まみれ、サフ吹くどころか窓あけて換気すらままならない状況だったのもある。

たんにGWので燃え尽きてたってのもある。

ということで中途半端に作りかけて放置していた BT-42 をほじくり出して塗装をはじめてみた。 キットの出来がすごく良くて気に入ってる。

改修ポイントはエッチングパーツ手前にある四角い何かのパーツを、マウントしてる何かを取り外して枠だけにしました的な感じにするのと、砲塔向かって左側に穴とか出っぱりを足して左右対象にするの程度。正直この変な枠みたいなのとか出っぱりが何なのかサッパリわからない。穴は視察孔だと思うんだけど・・・

f:id:illness072:20160620105319j:plain

継続仕様の雲っぽい迷彩。暗めのグレーでベースを噴いて、明るいグレーで前後左右遠近ひたすらランダムに動かして何となくパターンをつけていく感じ。アハパン見るともっとパターン細かいんだけど、あんまりマダラマダラしたイメージなかったんでぼかし気味に仕上げた。

とはいえあまり上手くいった感が感じられないのが悔しい。練習あるのみだな

f:id:illness072:20160620105325j:plain

履帯色が手元になかったのでOVMから塗ってる。いっぱいあるので大変だけど、車体から浮いてマウントされてるので車体をブラウンで汚してしまいリタッチ、みたいな作業があんまりなかったのが幸い。金属部分はちょっとテカテカしすぎたな。

ところでこいつ、工作の途中でツールウォッシュをぶちまけてしまいパーツをとろかしてしまうという大失態をおかしてる。幸いなことに模型屋で転がってたBT-7を新たに買い、とろかした車体パーツをひっぺがし置き換え、せっかく取り外しできるように工作してた履帯と転輪はくっついちゃったので癒着部分を適当にモールド掘ってごまかし、BT-7の転輪と差し替えで装輪状態を再現することにした。というわけで転輪は2倍の量塗ることになる。

タコム オブイェークト279をつくる восемь

GW8日め、最終日。今日はクリア噴いて履帯の組付しておしまい。 試作車両だし、実戦とかも経験ないだろうし演習とかもそれほどやってないんじゃないかな、と思ったので、それこそ作ったはいいけどすぐお蔵入りになっちゃった子って感じで殆ど全く汚しは入れてない。

ということで完成品ギャラリーです。

砲塔にかがやくプラウダマーク。尊い。 あんまり汚れてない戦車模型でもガルパンデカールが貼ってあれば何となくそういうもんかなって気がするんじゃないかという打算もある。

f:id:illness072:20160808164535j:plain

左右。こうして見ると砲身がほんとに長い。撮影でしぬほど苦労した。 よーく見ると背景に継ぎ目が見えるけど、気にしない。

f:id:illness072:20160808161604j:plain f:id:illness072:20160808162713j:plain

前後。砲塔の上にゴチャゴチャ色々と載ってて、近代の戦車って感じがいいね。 ポロリが多かったので今後保存や引越しなどでも気をつけねばならない

f:id:illness072:20160808162946j:plain f:id:illness072:20160808162855j:plain

短砲身バージョンも砲身差し替えで再現。バランスはいいけど、長砲身を見慣れちゃうと何か弱そう・・・

f:id:illness072:20160808165538j:plain

パッケ絵みたいなアングルで。パッケは逆光でそれはもうディストピア感あってすげえカッコいいんだけど、撮影環境的にはこれくらいが限界。 とはいえ4本履帯がすごく目立って、車体の異形さも際立つのでこのアングルで見るとやはりインパクトはあるね。

f:id:illness072:20160808163919j:plain

せっかくなので兵士とツーショット。ああこれスゴい、ほんと核戦争とか起きないで良かったね・・・

f:id:illness072:20160808165309j:plain

ということでタコムのオブイエークト279でした。履帯が死ぬほど辛いこと以外は良いキットだったと思います。オススメは・・・しないけど

作業時間は2h、合計で50h。途中もうだめかと思ったけど、どうにかGW中に完成させることができて良かった。良いゴールデンウィークでした。

タコム オブイェークト279をつくる семь

ゴールデンウィーク7日目。そろそろ終盤にむけて仕上げに入らないと。

まずは色をつけます。B&W技法でつけた陰影がちゃんと活きるよう、クリアを混ぜた緑を薄く噴きつけていく。次の作業でラクするために、あえてツヤありのクリアを使用。 うまくいくか緊張・・・

f:id:illness072:20160507171859j:plain

大失敗じゃねえか。ほとんど陰影とか残っちゃいない。もっと白黒での陰影は強めにアクセントつけていかないといけなかったんだろうな。 とはいえ、GW中に完成させるという目的があるので、やりなおしてる暇はもう無さそう。しかたないので簡単にシャドーだけ軽く噴いて誤魔化し、再度墨入れなどを施していく。ツヤありのほうが墨入れしやすいよね。 ついでにデカールも貼る。これもツヤありのほうが作業しやすいよね。

f:id:illness072:20160507233642j:plain

ということで完了。写真はないけど履帯の塗装の仕上げもしてる。 今回はあまり実車なり何なりに近付けようという目論見もなく作ってたので、プラウダ校章とかつけて遊んでみた。

カッちゃん「ノンナ! すっごい戦車を買ってきたわよ! 核爆発も耐えられるんだからカールの砲撃なんて余裕で弾き返すわね!」

ノンナさん「試合では使えません」

カッちゃん「聞いてないわよ!!」

みたいなね。いいね。たまらんね。

f:id:illness072:20160507234651j:plain

そんな妄想とは全く関係ない兵士も完成。よーく見るとパッケージの写真?の兵士フィギュアと兵装が微妙に違うのね。パッケ詐欺・・・まあいいけど

ということで本日の作業時間は7h、累計48h。

タコム オブイェークト279をつくる шесть

GW6日め。今日もフェイズシフトダウン状態で粘ります。

B&W技法では、白黒の状態でウェザリングまでやっておくと良いらしい。これをプレウェザリングと言うそうな。 ということで今回はハイライトと陰、墨入れと汚しを筆で入れていく。

ハイライトと陰は先日同様ガイアの Ex-ホワイト と Ex-ブラックの混ぜもの。やりすぎないようアクセントとしてのみ入れる感じ。 墨入れと汚しはタミヤの墨入れ塗料ブラック。 このあとラッカーで色つけるわけだし、そもそもオブイェークト279は試作車輌で実戦には出てないはずなので、汚しは新車っぽさを無くす程度で最小限に。

f:id:illness072:20160506131233j:plain

ということでひたすら筆作業を終えた。 あと、ついでに履帯の塗装も済ませておいた。ガイアのスターブライトアイアンだったかダークステンレスシルバーだかのあたり(失念)に黒をちょっと混ぜたのでベタ噴き。あとでちょっと擦って金属っぽさを出す予定。

昨日今日と写真がすくないけど、地味な作業ばかりで撮りどころがない・・・ 作業時間は 6h、累計41h。

もう白黒状態は気が済んだし、そろそろ色をつけないとGW中に完成できそうにない感じなので、次回はおまちかねの色つけに入る予定。とはいえ明日は出勤なので作業は明後日。

タコム オブイェークト279をつくる пять

GW5日め。強風のためベランダでの缶サフ塗布作業を開始できなかったので進捗すくなめです。

今回は B&W技法というテクニックに初挑戦しようと思う。これは Black & White の略で、その名の通りまず白黒で陰影を描き込んでおいて、最後に色を薄く塗ることで色ごとの明度彩度などの管理を簡単にしちゃおうという技法らしい。 どうもガンダムSEEDフェイズシフト装甲を彷彿としてしまうな。

本来はグレーサフを噴いて、それを基準に明るい色、暗い色、ハイライト、陰の5段階くらいでやるものらしいが、手元に黒サフしか無かったので黒立ち上げで色をつけていく。

どこぞのグレー色セットが良いらしいとも聞いたけど、それも家にないのでガイアの Ex-ホワイトとEx-ブラックを適当に混ぜて数段階それぞれ小瓶一本くらいの量でつくっておいた。

f:id:illness072:20160504232644j:plain

ということで暗い色から明るい色くらいまでの塗装をサクっと終えた。 B&W技法は今回初めてだけど、白黒だと陰影のグラデーション感がわかりやすいこと、調色が楽チンなことなど結構メリットがわかりやすい気がします。

作業時間は 4h、累計 35h。GW中に終わらせられるかな・・・

タコム オブイェークト279をつくる четыре

GW4日目。カレンダー通りの連休なのもあって何だかオンオフ的なものが中途半端ですが今日も頑張ります。

まずは鋳造肌のつくりなおし。キットにも鋳造肌はありますが何か好みでないので、溶きパテを指やドライブラシ用の筆などでポンポンと塗りつける。 砲塔はすでに各パーツを組付け済だったので迷ったけど、せっかく差し替え用に2つぶんパーツが入ってるんだし、先に作ったほうは思いきって没として最初から作り直しとした。

f:id:illness072:20160503150027j:plain

作業ついでに、砲塔の手すりパーツは何だか心許ないので真鍮線に置き換えたりした。 OVMまわりは別塗装して後でくっつけると考えてたけど、エッチングとかの組付で苦労しそうな気がしたので、もういっそのこと全部接着して、塗り分けで頑張ろうかと決心、すべて組付けた。(瞬着つけた部分が白化してるのは気にしない) フィギュアも接着。いい感じです。

f:id:illness072:20160503225038j:plain

すべてのパーツの組付を完了したので、塗装準備が完了した。 分割としては写真の通り、車体、履帯のみ4本(転輪がくっついてないロコ組みたいな感じ)、転輪&サスペンションまわり、砲塔、上部転輪、誘導輪、駆動輪&基部、砲身2種、ライト用クリアパーツ、といった具合。 足まわりはくっつけたら最後塗り分けが地獄を見そうだったので、履帯を後から合わせられるようにしてます。 フィギュアは本体とガスマスク&チューブ、ライフルの3分割。

f:id:illness072:20160504141425j:plain

作業時間は 9.5h。累計 31h。な、長かった・・・ 明日は塗装に入りたいけど、強風なので缶サフをベランダで噴けるかとても心配。

タコム オブイェークト279をつくる три

GW3日目。履帯の組みつけは終わったので今日は砲塔や車体の完成を目指します。

f:id:illness072:20160502113059j:plain

車体後部。このせり上がってるプランターみたいなのは排気口なのかな? とにかくこいつが歪んでるわ車体の窪みに嵌らないわでかなり苦労した。

f:id:illness072:20160502113108j:plain

砲塔くっつけた。砲塔は2つぶんのパーツが入っており、写真の長砲身タイプと、短砲身タイプの2種類の砲塔をとりかえて遊べるようになってるみたい。普通に砲だけ差し替えてもいいと思うんだけど・・・ とりあえずは1つだけ作って、もう一つはどうするか後で考える。

f:id:illness072:20160502005344j:plain

組付け&ざっくりと鋳造表現をしてみた。 キットは最初から鋳造部分がボコボコに表現されているんだけど、見てるとなんかアッサリしすぎてて好みじゃないので上書きしたい。やっぱソ連戦車っていったら何これ本当に大丈夫かよってくらいボコボコな鋳造肌のイメージがある。 全然関係ないけど戦車つくりながらボコボコとか言ってると脳内でやってやるやってやるやーってやるぜ♪って脳内BGMが勝手に始まってやだもーですね。

f:id:illness072:20160502005410j:plain

本体部分をアップで。 基本は細かい部品を切って貼っての単純作業でした。いくつかパーツを吹っ飛ばして捜索作業をやらかしてます。 こういうミスをなくしたいんだけど、どうすればできるのやら・・・

ということで今日はここまで。作業時間は 5h, 累計で 21.5h。やっと塗装が見えてきた・・・が、まだまだ少しだけ工作作業は続きます。